ブログ・導入事例

  • ブログ・業務効率化

テレワークは企業にも社員にもメリットだらけ!デメリットを解決して働き方改革へ

作成日 21/09/07

最終更新日 21/09/07

テレワークは企業にも社員にもメリットだらけ!デメリットを解決して働き方改革へ
コロナの感染拡大以降、働き方改革は新展開を迎えました。テレワークの活用も今まで以上に重視され、大企業を中心にオフィスの役割や機能の見直しが始まっています。
「テレワーク」というと最近の言葉のように感じられますが、企業では長い年月をかけて実施されてきた取り組みです。そんなテレワークのことを「柔軟な働き方ができる環境設備」と、曖昧な認識のままにしていないでしょうか?
実は、テレワークには意外と知られていない「メリット/デメリット」が存在しているのです。今回はテレワークを導入することによる企業側・社員側・会社へのメリットと、デメリットや課題の解決策をご紹介します。
目次

テレワークの働き方とは

テレワークとは、ICT(情報通信技術)利活用した、時間や場所を選ばない柔軟な働き方です。介護や育児などで自宅を離れられないなどの理由を持つ人に、ワーク・ライフ・バランスの実現手段として期待されています。

代表的なテレワークの働き方は次の3つ。

  • 在宅型・・・自宅で作業、就業する
  • モバイル型・・・電車や飛行機の移動時間、喫茶店で作業する
  • 施設利用型・・・サテライトオフィス、コワーキングスペースなどで作業する

テレワークの取り組み方は、企業や組織、あるいは個人の業務内容によってさまざまです。また、「テレワーク」と「リモートワーク」に明確な違いはなく、いずれの形態も「離れた場所で働く」ことを前提としています。

テレワークによる企業側と社員側、社会へのメリット

国土交通省が調査した「テレワーク人口実態調査 平成29年度」によると、企業でテレワークをする7割が「プラス効果を高めている」と回答しています。テレワークを導入するメリットには何があるのでしょうか。ここでは企業側、社員側、社会へのメリットについてご紹介します。

企業側のメリット

テレワークによるオフィスの分散化は、地代家賃、交通費、通信費などのコストを削減し、自然災害時の非常事態に事業継続を確保できます。また、近年ではワーク・ライフ・バランスの実現を重視して職探しする人が増えました。家庭と仕事を両立したい求職者にとって、テレワークを導入している企業は魅力的に映ることでしょう。

社員側のメリット

社員は働きやすい環境に身をおくことで自己モチベーションが向上します。目の前の仕事に集中できると、業務効率もあがり、高い成果を得られるでしょう。また、産休・育児によってキャリアを諦めてしまう社員が、仕事と家庭を両立しやすくなるのもテレワーク環境における最大のメリットです。

社会へのメリット

新型コロナウイルスのパンデミックをきっかけとして始まったテレワークの普及。フリーランス・プラットフォーム「UpWork」の調査によると、以前よりマイカー通勤していた社員は在宅勤務によって1人あたり2,000ドル(日本円にして約21万円)の節約になったそうです。

また、ロバート・ゴードン氏(Northwestern University 経済学教授)は、テレワークによって節約できる時間や社会的コストは国の経済的成長や生産性向上を後押しする可能性があると述べています。今後ますますオンライン化の進むなか、テレワークはさまざまな働き方をサポートしていくことでしょう。

テレワークの課題とデメリット

多くのメリットを持つテレワークですが、一方で課題やデメリットも存在しています。デメリットにも理解を深め、解決の糸口を見つけましょう。

コミュニケーション不足になりやすい

テレワークではオフィスに出勤する機会も減り、コミュニケーション不足になるデメリットが発生します。同僚との顔合わせや上司へ直接的な相談ができなくなることで、社員は「孤独」や「不安」などのストレスを抱えてしまう可能性も。経営者は日本企業の管理にある根本的な考え方や手法を見直さなければいけません。

時間管理が難しいと感じる

柔軟な働き方を実現できるテレワーク。従業員は働きやすい環境を手に入れると同時に「時間管理が難しい」と感じています。たとえば、会社で勤務しているうちは終業ベルや上司が仕事の終わりを教えてくれていました。しかし、在宅勤務ともなると、知らせてくれる人は誰もいません。始業から終業、残業などの業務にかかる時間を従業員自ら管理する必要がでてきます。

セキュリティ環境を見直す必要がある

テレワーク環境下では持ち出せる情報の範囲が広がります。そして、図書館やカフェなどのパブリックスペースは社内環境と比べてセキュリティが脆弱です。働き方の幅は広がる一方で、今まで以上に「情報漏洩のリスク」を懸念しなければいけません。このようなテレワークのデメリットを解消するには「ルール」と「技術」で解決策を探る必要があります。

テレワーク成功のカギを握るのは勤怠管理システム

厚生労働省の調査では、テレワーク実施の問題・課題のトップに「労働時間管理が難しい」があげられています。

テレワークのなかで正しく労働時間管理、勤怠管理をするには、「勤怠管理システム」の活用が欠かせません。遠隔でのWeb打刻、時間外労働管理、有給休暇管理、シフトのパターン化などの機能を備え、分散した情報を一元管理できるのが特徴です。

企業と個人のつながりが減少しやすいテレワーク。労働時間を客観的に把握するなど、管理手法を見直すことが求められています。

テレワークのデメリットを解決する「ZENO」

テレワークの導入は、企業や社員にとって多くのメリットをもたらします。しかし、その一方で課題やデメリットの存在も忘れてはいけません。企業側の事情に限らず、社員側の意見もしっかりと取り入れていくことが大切です。

勤怠管理システムはもちろん、テレワークに必要なツールを備えた「ZENO」なら情報の一元管理が可能になります。テレワークのデメリットとなりがちな「情報共有」も、工数管理や進捗管理、クラウド日報ツールを併用することで解決できるでしょう。

クラウド型なので、オフィスでもテレワーク中の自宅でも使えるのが強みです。まずは14日間の無料トライアルで使用感を確かめてみましょう。

クラウド日報、勤怠管理、顧客管理、工数管理、会議室予約、社内wikiなど業務効率化に必要なツールをひとつに。
>>ZENO14日間無料トライアルはこちらから
>>ZENOの詳しい資料のダウンロードはこちらから

チャット