アナログ・属人管理からの脱却
500円/月 から始められる

中小企業の生産性向上・
DX推進を支援する
業務改善クラウドサービス

中小企業の生産性向上・DX推進を支援する業務改善クラウドサービス

生産性の高い中小企業は、
I T 投資に積極的に
取り組んでいることを
ご存知ですか?

  • 導入後3年で経常利益率が
    平均1%以上アップ

    IT投資に積極的な企業とIT投資に消極的な企業の売上高経常利益率を比較すると投資に積極的な企業のほうがよりよい業績であることがわかりました。このデータからは、従来の管理方法を見直し、積極的にITを取り入れ活用していくことを決定されている経営者(決裁者)判断が奏功していることがわかります。ただし導入直後からすぐに効果がでている企業はほとんど存在しておらず、導入後一定期間を経て効果や成果が表れているケースがほとんどと読み取ることができます。導入から定着、結果が現れるまでにタイムラグが存在していることがわかります。

    IT投資開始企業とIT投資非開始企業の売上高経常利益率

    導入後3年で経常利益率が平均1%以上アップ

    資料:経済産業省「企業活動基本調査」再編加工

    • 2010年度にIT投資を開始し、その後IT投資を2013年度まで継続している企業(IT投資開始企業)
    • 2007年度から2013年度まで一度もIT投資をしていない企業(IT投資非開始企業)
  • IT投資に踏み切れない理由

    IT投資を積極的に行うことで生産性向上が見込まれますが導入に踏み切れない企業が多いのもまた事実です。導入に至らない理由は大きく3 つあり、ITリテラシー・投資対効果・導入コストだと言われています。特にITリテラシーや投資対効果を気にしすぎて導入を見送るというケースは多く見受けられます。また、検討する時間がない。導入時期が今ではないと感じるといった理由で導入自体を取りやめてしまうケースも存在します。

      • コスト負担
      • 導入効果が判断できない
      • 従業員のスキル不足

      経済産業省「中小企業白書・小規模企業白書(2018年)」「平成29年特定サービス産業実態調査」、全国中小企業取引振興協会「中小企業・小規模事業者の経営課題に関するアンケート調査(2016年)」、商工中金「中小企業のIT活用に関する調査(2017年)」

ツール選定のポイント

前述の通り、コスト・投資対効果の判断ができない・従業員のスキル不足がIT化を推し進められない理由として挙げられています。一方でIT化・デジタル化は企業にとっては不可避な選択とも言えます。多くのソフトウェアが存在する中ツール選びの基準は大きく4つあります。

  • POINT 1

    低コスト

    少人数 & 少額で始められる

  • POINT 2

    低リスク

    合わないと判断した場合に
    すぐに辞められる

  • POINT 3

    機能網羅性

    複数の課題をまとめて解決できる

  • POINT 4

    操作性

    利用操作に関する
    学習コストを抑えられる

ツール利用の定着実現のために初期は特定の部署だけで運用し、除々に利用者を増やしていくことが理想でしょう。単月契約があれば万が一の際に解約もしやすくなります。全体のコスト抑制のためには利用ツールは可能な限り減らす必要もあります。当然ながら利用するツールは多ければ多いほど利用料金が発生します。利用料金だけではなくアカウント発行等の管理コスト、習得にかかる学習コストなども発生してしまいます。あらゆる機能が網羅されているツールを選択すればコスト抑制が期待できます。

background_1

ZENOのご紹介
月額500円から始められる。
ビジネスに不可欠なツール・
機能をオールインワンで提供

ZENOはカレンダー、顧客管理、日報、勤怠、申請、会議室予約など業務やビジネスに不可欠なツールをオールインワンで提供する業務改善クラウドサービスです。データが一元管できる他、操作を習得する学習コストも最低限に抑えることができます。チームや部署といった単位でも導入が可能で月額500円から利用することができます。

工数管理、社員管理、顧客管理、勤怠管理、日報、目標管理
  • クラウドサービスだから外出先からでも利用できる

  • 業務で必要なアプリが揃うからデータもアカウントもスッキリ管理

  • 外国人スタッフがいても安心。グローバルにも対応。

  • 統一されたインタフェースだから、誰でも利用しやすい。

  • アプリをいくつ使っても料金は変わらない。わかりやすい料金設定。

ZENOが提供する主な機能

人事情報管理や勤怠管理、顧客管理、カレンダー、会議室予約など企業が必要とする機能をまとめて提供。
紙やエクセル管理からの脱却を図り生産性向上を目指しましょう!

ZENOが提供する主な機能

提供機能

  • スケジュールカレンダー
  • 工数プロジェクト管理
  • 勤怠
  • 部署・組織管理
  • 文書管理
  • チャット
  • 日報
  • タイムカード
  • 顧客管理
  • FAQ
  • 掲示板
  • 会議室予約
  • 有給管理
  • 見積・請求管理
  • 受付管理
  • 目標管理
  • 設備予約
  • 社員管理
  • 案件管理
  • To Do議事録管理
  • スケジュールカレンダー
  • 工数プロジェクト管理
  • 勤怠
  • 部署・組織管理
  • 文書管理
  • チャット
  • 日報
  • タイムカード
  • 顧客管理
  • FAQ
  • 掲示板
  • 会議室予約
  • 有給管理
  • 見積・請求管理
  • 受付管理
  • 目標管理
  • 設備予約
  • 社員管理
  • 案件管理
  • To Do議事録管理

ZENOを導入すると
現場はこう変わる!

中小企業の生産性向上・DX推進を支援する業務改善クラウドサービスZENOを導入するとデジタル化・クラウド化・ペーパーレス化を促進することができます。今こそ脱属人化・共有速度、報告の質の向上を実現しませんか?

  • バラバラに管理していた情報を集約できる
  • 統一されたデザインだから定着しやすい
  • 業務の平準化の実現/情報共有速度の改善
  • PCはもちろんスマホ・タブレットでも使える
  • 報告・確認の手間が減り業務改善を実現
  • クラウドだから外出先からでも利用できる
  • データの集計と分析にかかる時間を削減
  • アプリをいくつ使っても料金は変わらない
background_2

ZENOの特徴

FEATURE 1

組み合わせは自在。必要なアプリだけをインストールして利用できる

貴社の課題に合わせて、必要なアプリだけをインストールしてご利用いただくことが可能です。

営業・マーケに課題があるから、
顧客管理アプリ を中心に利用したい

基本
アプリ
+
営業
マーケ
  • アドレス帳
  • 案件管理
  • 商品管理
  • 見積・請求管理

人事労務に課題があるから、
勤怠・有給アプリ を中心に利用したい

基本
アプリ
+
人事
労務
  • 勤怠管理
  • 有給管理
  • 工数管理
  • 給与・賞与Web明細
  • 目標管理
FEATURE 2

データが一元管理できるから、登録も利用もカンタン

インタフェースが統一されていれば、情報の入力コストだけではなくデータの集計や分析にかかる時間の削減効果も期待できます。

データが一元管理できるから、登録も利用もカンタン
FEATURE 3

アカウントも一元管理できるから設定にかかる負担も大幅に軽減

複数のアプリケーションを同時利用する場合、例えSSOを導入していてもデータの保管(保持)ポリシーなどを定めなければなりません。
ZENOを使えば、アカウントもデータもひとつにまとめられ結果としてスマートな管理が実現できます。

  複数の業務アプリを利用している場合 ZENOを利用している場合
アカウント作成権限周りの管理 やや煩雑

アプリ毎に設定が必要

カンタン

設定は1度だけでOK

部署異動や組織変更への対応 かなり煩雑

アプリ毎に設定が必要

カンタン

設定は1度だけでOK

退職後のアカウント停止業務 かなり煩雑

設定変更に時間を取られる
設定を忘れがち

めちゃくちゃカンタン

チェックするだけ

ユーザーの利用 かなり煩雑

設定変更に時間を取られる
設定を忘れがち

便利

1つのID・PWで様々なアプリが利用可能

FEATURE 4

UIが統一されているから、学習コストを抑えられる

複数のアプリ(サービス)を利用すると、サービス毎のルール・仕様を把握しなければならず結果として学習のために時間が必要となります。
業務改善や効率化が目的にも関わらず、コストが上がってしまうのは本末転倒です。

複数の業務アプリを利用する場合

サービス毎に操作方法などを
理解する必要があります。
社内周知なども必要となり、結果運用開始までに
時間を費やします。

業務
アプリ
×
アプリ数
×
学習
コスト

ZENOを利用する場合

統一されたUIを提供しているため
短時間の学習で利用を開始することが可能です

業務
アプリ
×
アプリ数
÷
学習
コスト
background_3

クラウドだから、
いつでもどこからでもアクセスできる。
PC、スマホ、タブレットで利用できます。

クラウドだから、いつでもどこからでもアクセスできる。PC、スマホ、タブレットで利用できます。
background_4
チャット